薄墨羊羹小棹1本

中に入った白い豆が薄暮に舞う桜の花びらを想わせる松山の銘菓

江戸時代とされる創業以来変わらぬ味を守り続ける伝統の松山銘菓薄墨羊羹です。

松山市の西法寺にある名桜薄墨桜に因んでおり、中に入っている白い手亡豆が薄暮に舞う桜の花びらを思わせます。
全国菓子大博覧会で最高の名誉大賞牌、名誉総裁高松宮賞を受賞、全国屈指の銘菓として名声を博しております。

砂糖は純度の高い白ザラメを使用しており、すっきりとした甘さが特徴です。
また小豆は北海道産、寒天は最高級糸寒天を使用し、まったりとした舌触りの中にほんのりと抹茶が薫ります。




松山の本店に高松宮殿下にご来店いただいた時の様子

原材料:砂糖、小豆、手亡豆、寒天、抹茶
賞味期限:約半年
内容量:270g×1
型番 201
販売価格 756円(税56円)
購入数


Top